神宮外苑花火大会2022のチケット倍率や値段は?当たりやすくする方法も!

  • 2022年6月22日
  • 2022年8月19日
  • 東京

神宮外苑花火大会2022が開催されます!

コロナによって開催できない年が続いたんですが、今回3年ぶりに開催されるんですよね!

3年ぶりということから、今回は開催を待っていた多くの人が来るのではないかと思われます。

なのでチケットの当選倍率も高くなることが予想されます!

 

となると気になるのは、いい席のチケットが取れるのかということですよね。

神宮外苑は広いですからどこでも花火は見れるでしょうが、やはりどうせならいい席で見たいと思います。

チケットが当たりやすくなる方法もあるという噂もあります。

そこで今回は、神宮外苑花火大会2022のチケット倍率や値段は?当たりやすくする方法も!のタイトルでお送りします!

 

神宮外苑花火大会2022のチケット倍率は?

まず、神宮外苑花火大会2022のチケット倍率は1~6倍となりました。

 

以下、神宮外苑花火大会2022のチケット倍率の詳細です。

倍率については以下の式で求めます。

 

倍率=チケット申し込み数÷収容人数

こちらの式から当選倍率を推測していきたいと思います!

まず、神宮外苑の収容人数は65000人となっています。

ですがこれは、神宮外苑の中にある球場やラグビー場などの施設すべての収容人数を合わせたものだと思います。

また、神宮外苑花火大会の過去の観覧人数は15万人だったそうです。

なので今回は、花火大会が観覧できる以下の3つの会場収容人数と来場者数からチケット倍率を求めていきたいと思います。

 

  • 神宮球場
  • 秩父宮ラグビー場
  • 神宮軟式球場

 

こちらの3つのチケット倍率をそれぞれ調べてみました。

①神宮球場のチケット倍率

神宮球場のチケット倍率は2.5~6倍です。

 

まず神宮球場の収容人数は、30,969人です。

席の配置については公式HPにも記載がないので不明ですが、参考までに2018年のツイートでの席順を見てみましょう。

これを見ると、やはり花火とライブステージがしっかり見ることができる場所がSS席のようですね。

 

神宮球場は、神宮外苑花火大会2022でも花火とステージを1番楽しめる会場なので1番人気のある会場です。

さらに収容人数は30000人ほどで指定席です。

ですので倍率は1番高く、チケット入手のしづらい会場だと思われます。

 

おそらくチケットが欲しい人は、まず神宮球場のチケットに応募して、外れたら別の会場に応募することもあると思います。

このことから神宮球場のチケット倍率は以下のように予想しました。

75000÷30000=2.5
これはあくまで神宮球場の平均倍率で、SS席などになるとさらにこの数倍に跳ね上がることが予想されます。
ですのでSS席に関しては6倍以上にはなるでしょう。

②秩父宮ラグビー場のチケット倍率

秩父宮ラグビー場のチケット倍率は1.85倍です。

 

秩父宮ラグビー場は全席指定席で、スタンド席になっています。

収容人数は27,188人と公式にあります。

2014年ごろは秩父宮ラグビー場でもライブパフォーマンスがあったので、神宮球場と同じようにアリーナがあったようですが現在はありません。

 

2018年の時点ではライブパフォーマンスを巨大モニターでLIVE映像として見れたようですので今年もそうだと思われます。

そしてこの秩父宮ラグビー場のおすすめポイントは駅から最も近い会場(東京メトロ外苑前駅から徒歩5分)であることです!

交通の便がいいのはそれだけでも選びやすいですよね。

また、ライブパフォーマンスを間近で見ることはできませんが、花火はしっかり楽しめる場所なので花火メインで考えている人にはとってもいい会場だと思います。

 

このことから、秩父宮ラグビー場のチケット倍率はこう予想します。

  50000÷27000=1.85
神宮球場ほどではありませんが、こちらも倍率は高めになりそうですね。

③軟式球場のチケット倍率

軟式球場は、ブロック内自由席となっています。

範囲内ならどこで見てもOKで、普通の花火大会会場と同じような雰囲気ですね!

指定席ではないので3会場中最もとりやすく、倍率の低い会場です。

普通の花火大会の雰囲気を楽しみたい人におすすめの会場になっています!

 

エリアがどのくらいなのかは不明ですし、収容人数も不明です。

席がないため倍率は低いというよりも、ほぼ取れるのではないでしょうか?

 ???÷???=1倍

 

計算式になっていませんが、ほとんど取れるであろうことから1倍とさせていただきました。

 

神宮外苑花火大会2022のチケットの値段や買い方

神宮外苑花火大会の席ごとのチケットの値段は以下のようになっています。

・アリーナSS席 9000円
・アリーナS席、スタンドS席 7500円
・アリーナA席、スタンドA席 6500円
・スタンドB席 5000円
・自由席 4000円

このようになっています。

そしてチケットの買い方は先行販売と一般販売、当日券があります。

 

先行販売

先行販売は3つの買い方がありました。

チケットぴあ先行販売「いち早プレリザーブ」 6月21日11:00~6月27日11:00
・セブンイレブン先行、テレ朝チケット先行 6月28日10:00~6月30日23:59
・日刊スポーツ紙面先行 6月28日10:00~6月29日23:59

この3つですね。

 

一般販売

一般販売はチケットぴあで2022年7月1日10:00から販売になるようです。

先行発売を逃してしまっても、一般発売で頑張ればチケットが取れる可能性はあります!

 

当日券

神宮外苑花火大会は、過去に当日券が発売されたことがあります。

公式HPにも「チケットが残っている場合オンラインで発売する予定」とあります。

ですが残らない可能性もありますし、会場が選べない可能性もありますので、あまり確実ではありません。

 

受付期間や開始時間がそれぞれ違うので狙いたい席がある人は確実にチェックしましょう!

 

神宮外苑花火大会2022のチケットを当たりやすくする方法!

倍率をいくつか予想しましたが、やはりいい席は倍率が高そうですよね。

先行販売などを利用しても取れるのか不安になります。

そこで神宮外苑花火大会2022のチケットを当たりやすくする方法をいくつか紹介します!

 

神宮球場以外の場所で申し込む

これは少しでも倍率の低いところで申し込むという方法です。

先述の通り、神宮球場はライブステージがあることから、3会場で最も高い倍率になることが予想されます。

なのでライブステージにそこまでお目当てのアーティストが出るわけじゃなければ、1番人気の神宮球場を外して申し込むと当たりやすくなりますよね。

ほかの会場でもモニターで見ることは可能ですから、出演アーティストによっては神宮球場を避ける選択もアリだと思います。

 

複数名義で申し込む

次にこちらはシンプルにたくさん応募して当たる確率を増やすという方法です。

コンサートなどでもよく使われる手法ですが、これでお目当ての席をゲットしたという話はよく聞きます。

複数人で見に行く予定がある場合、全員で人数分のチケットを申し込んで少しでも当たる確率をあげている人も多いようです。

もし余ってしまった場合はほかの人にチケットを譲るなどの手間はありますが、どうしても取りたい席がある場合はこの方法で少しでも確率が上がるといいですよね!

まとめ

今回は神宮外苑花火大会2022のチケット倍率や値段は?当たりやすくする方法も!のタイトルでお送りしました。

チケット倍率は狙う席によってもかなり開きがありました。

値段も席によりますが、安い席なら4000円から購入できるようです。

当たりやすくするには、複数名義や人気会場を避けるなど様々な手段が考えられます。

3年ぶりの開催である神宮外苑花火大会2022、かなりの盛況が予想されますのでチケットは争奪戦になりそうですね!

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

コメントの通知/購読設定
記事に付いた新しいコメントをメールに通知する
guest

0 コメント
インラインフィードバック
コメントをすべて表示
0
記事に対するコメントはこちらx